たかなしいちご☆天使のアトリエ

小鳥遊いちご(たかなしいちご)の活動ページになりました。最近はイラストを描いたりしてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

創作短編小説公開しました(デジタルノベル)→寝覚月の御祷リ様(1)&(2)



オリジナルの短編小説【寝覚月の御祷リ様】の、
デジタルノベル版をweb用公開しました~(」・ω・)」
今回、小説投稿サイト、Denkinovel様を利用させて頂きました。

リンク先より読みたい方はどうぞご自由に。
苦手な方はご注意を。一切の責任はとれません!


【寝覚月の御祷リ様】
稲荷ヶ谷町で巻き起こる神様と人間と妖怪の物語。
遠い記憶は境界線の向こう側。葬り去られた古き幻想をいま、この空へ。


【寝覚月の御祷リ様(1)】 →読んでみる!


【寝覚月の御祷リ様(2)】 →読んでみる!


Denkinovel様にて公開→個人ページはこちら

今後どうするかは全て神様のお導き次第。
※尚、当作品は小鳥遊の妄想によるフィクションです。

もともとは5年くらい昔に書いていたりしたものでした。
過去に頒布したノベルゲームにも一部収録していたり。


後編は小鳥遊流漢文の登場で書いてて楽しかったなぁ。

それはそうとC90参加された方お疲れ様でしたー。


追記)
表記を『フリー公開』と表現していましたが、訂正しました。
著作権を放棄する意味で使った訳ではございませんので、あしからず。
元々は頒布作品用に制作していたもので、無料公開版、という意味合いで用いただけです。

スポンサーサイト

テーマ:創作シナリオ - ジャンル:小説・文学

デジタルノベル | コメント:0 | トラックバック:0 |

オリジナル短編小説『寝覚月の御祷リ様』イメージソングにつきまして

私自身見た目がか弱いのか、いじめに合うのはよくあるんだけど。

速報。いい話ではないです。

小鳥遊がpixivでひそかに公開していた
オリジナル短編小説『寝覚月の御祷リ様』において、
ボカロPのるえいぴ(冨田和樹)氏がイメージボーカル曲を制作し、
勝手に公式イメージソングと定めて公開、
宣伝行為を行っていました。

るえいぴ(冨田和樹)氏にはボーカル曲の制作及び動画用のイラストの使用も許可しましたが、
小説原作者を不快にさせる表記や表現が、当初数多く見受けられ、
これまでご指摘し修正をお願いしてきました。

具体的には、
小説本文から引用しているのに、それを引用であると明示しない行為、
小説タイトルと楽曲のタイトルが同一であり原作の区別がつきにくい、
原作及びイラストを担当した小鳥遊の名前を動画内で目立たないように表記する行為、
こちらは既に制作した非公開曲があるにもかかわらず先方のボーカル曲を“イメージソング”と断定する表記、
等々。

以上は全てご指摘し修正をして頂きましたが、最終段階で、許可なく
先方が勝手に自己判断し公開、再度宣伝活動をするに至りました。
恐らく残る証拠はなくなるでしょうが、、私が見た事実です。

一連の先方の行動に、創作をする人への誠意やわきまえが全く感じられず、大変不快でした。

私のオリジナル作品で、
二次創作をする事やその表現する行為は認めますし尊重はしますが、
原作へのリスペクトなど無く、
それを原作の一部であるように語弊を招く表現を、
私自身の知らない所で勝手に行われていたことで、深く傷つきました。

痛く不快に感じたのは事実。
原作のこっちが「それはやめて」って思う事を、
私の目に触れる前に次々と先方が実行して行った。

クリエイターとして無名の私が言う事ですが、だからこそ。

作品を無断転載し、自作発現されたのと、同じ原理です。
創作している方はお気を付け下さいまし。


2016/08/10時点
当件につきましては今後話し合いを進めていく予定です。


============================
★2016/08/11 (18;:47) 付けにて追記★

当件につきまして、ご報告させて頂きます。

短編小説『寝覚月の御祷リ様』イメージソングの件について、
不快をお伝えした所、るえいぴ(冨田和樹)氏から一切の謝罪返答がなかったので、
謝罪文を要求したところ、こちらをまず提示頂きました。
(尚スクリーンショットとして記録させて頂きました)

謝罪文①


こちらを頂きましたが、これではどの小説であるのかが分からないので、明記する事を要求し、
追記して頂きました。

謝罪文②




ここでも先方の配慮の感じられない対応に
深く傷つけられましたが、
当件のご報告は現時点で以上となります。


これまでお騒がせしてしまい、
誠に申し訳ございませんでした。

投稿された動画等を目にされた方、
また制作に携わった第三者の歌い手さんをも含めて
この場を借りて、深くお詫び申し上げます。


テーマ:こんな事がありました! - ジャンル:ブログ

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。